湿疹はなぜ起こるのか

湿疹はさまざまな原因で引き起こされます。

その原因によって対処法は異なるので、ここではその原因を一つ一つご紹介していきます。

まず多いのは、湿疹の原因となる物質を持っている・刺激の強い成分の含まれているものに触れた場合です。

この場合は本人がアレルギーなどを持っていなくても、ほとんどの人がかぶれてしまいます

そのため刺激が強いとわかっているものには、はじめから近づかないということが予防につながります。

次に良くあるのは、アレルギーを持った人がそのアレルギー物質に触れてしまうということです。

この場合は周りの人はかぶれず自分だけ、ということが多いので、自分がアレルギーを持っているのではと少しでも疑問を感じたら、病院で検査をしてもらいましょう。

また、湿疹はストレスによっても引き起こされることがあります。

その湿疹が出てしまったときは、塗り薬などよりもストレス解消法を試してみたり、ストレスの根源となるもの自体を解消することが湿疹の解消につながります。

関連記事

コメントは利用できません。

  • facebookやっています!
  • ウェットシートタイプ新登場!
  • もうボディソープで洗ってはだめ?
  • phケアフェミニンウォッシュの使い方は簡単。
  • phケアは通常の石鹸と何が違うの?!
  • phcare/phケアの正直な感想を大公開
  • スキンケア大学/デリケートゾーンの正しいケア講座
  • スマホ版 スキンケア大学/デリケートゾーンの正しいケア講座