かぶれ解決のために気をつけたい5つのこと

かぶれの予防、解決にはどのような方法が効果的でしょうか?

まず、かぶれに気づいたら、それが接触性のものかアレルギー性のものかにかかわらず、そのとき触れていたものや食べていたものから離れるようにしましょう。

その後、かぶれてしまった部分を清潔に保ち、かゆいからといって掻いてしまったり触ってしまったりしないようにしましょう。

掻くことによって、かぶれていなかった場所にまでかぶれが広がってしまうことがあるためです。

もし同じものに触れていた、摂取していた人たちがかぶれていないのにもかかわらず、自分だけかぶれた場合は、アレルギー性である可能性があるのでただちに病院で検査してもらいましょう

アレルギーだと知らずにまたその物質に触れてしまうと、命にかかわる症状になることもあるためです。

もしそのかぶれがデリケートゾーンの場合であったら、通気性をよくし清潔に保つことを意識しましょう。

どのかぶれの場合も、原因物質から離れる、清潔にするということが大切です。

関連記事

コメントは利用できません。

  • facebookやっています!
  • ウェットシートタイプ新登場!
  • もうボディソープで洗ってはだめ?
  • phケアフェミニンウォッシュの使い方は簡単。
  • phケアは通常の石鹸と何が違うの?!
  • phcare/phケアの正直な感想を大公開
  • スキンケア大学/デリケートゾーンの正しいケア講座
  • スマホ版 スキンケア大学/デリケートゾーンの正しいケア講座