かぶれから皮膚を守る2つのもの

わたしたちの皮膚の表面は、皮膚膜というもので覆われており、ある程度の刺激や乾燥からは皮膚を守ることができます。

また、皮膚の表皮の中には「セラミド」と呼ばれる脂質が含まれています。

このセラミドというものは、油分となじみやすい親油基と、水分となじみやすい親水基という二つの部分を持っています。

この皮膚膜とセラミドによって、皮膚は守られているのです。

そのことからわかるように、皮膚を守るのに大切なのは「油分」と「水分」です。

これらが減少すると、皮膚を守る力も減少してしまうということです。

この油分と水分がなくなるのを防ぐには、どのような方法が効果的なのでしょうか?

皮膚のかぶれの原因のひとつに乾燥があります。

皮膚の水分が失われることによってかぶれが起きます。

なので、乾燥を防ぐために乾燥防止のクリームなどで水分がなくなるのを防ぐことが大切です。

また、同じく皮膚を守っている油分を流してしまう洗剤などは使わないように意識しましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

  • facebookやっています!
  • ウェットシートタイプ新登場!
  • もうボディソープで洗ってはだめ?
  • phケアフェミニンウォッシュの使い方は簡単。
  • phケアは通常の石鹸と何が違うの?!
  • phcare/phケアの正直な感想を大公開
  • スキンケア大学/デリケートゾーンの正しいケア講座
  • スマホ版 スキンケア大学/デリケートゾーンの正しいケア講座